荷物を運んでお金をもらうには、運送業の登録が必要です。さらに、荷物を運ぶのに使用する車両が事業用車両として登録されていなければなりません。運送事業者の登録が無いのに有償で荷物の運搬をすると、法律で罰せられるのです。

皆一列

 

kariその運送業の登録についてですが、一般貨物(緑ナンバー)の登録は個人では難しいのです。法人であって、且つ必要な車両台数および駐車スペースなどの必要条件を満たしていないと運送業を開業する認可が下りません。また事業計画書の提出なども求められます。 これは安全管理面や雇用の安定化を目的として運送事業法が改正を繰り返してきた結果なのです。しかし、軽貨物の場合は、(今のところ)一般貨物のような開業についての細かい規定がなく、陸運局への『貨物軽自動車運送事業経営届出書』の届け出と、使用する軽車両の事業用ナンバー(黒ナンバー)の取得で開業が可能となっています。もちろん個人で届け出ることが可能です。

これが、誰でも簡単に軽貨物運送事業で独立開業できる、と言われる所以なのですが…